RSS
Admin
Archives

隅田金属日誌(墨田金属日誌)

隅田金属ぼるじひ社(コミケ:情報評論系/ミリタリ関係)の紹介用

プロフィール

文谷数重

Author:文谷数重
 零細サークルの隅田金属です。メカミリっぽいけど、メカミリではない、でもまあミリタリー風味といったところでしょうか。
 ちなみに、コミケでは「情報評論系」です

連絡先:q_montagne@pop02.odn.ne.jp

→ サークルMS「隅田金属」
→ 新刊・既刊等はこちら

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
Powered by fc2 blog  |  Designed by sebek
2014.03
21
CM:4
TB:0
12:45
Category : 未分類
 小中学校に騒音対策事業でエアコンを据え付けても、維持費をケチって稼働しなかった様子。

 子供の時分に暮らしたのが地域が入間基地に近かったせいもあるのだろう。旧施設庁の騒音対策事業が行われていた。

 学校も、おそらく防衛予算で冷房がついていた。1980年代に校舎を建てた小学校と中学校に通っていたのだが、今から思えば空調ダクトが取り付けられていた。記憶をたどると、多分、空調機械室っぽい部屋もあった。

 だが、冷房が全く行われなかった。

 2000年ころか、旧施設局事業部から周辺対策の話を聞いたときには「対策事業の小中学校には冷房がある、それを運転しないのは電気代のせいだ」という話だった。防衛省負担で冷房設備は取り付けても、市町村負担の電気代(と整備代もあるのだろう)をケチって稼働させない。「だから、施設局は電気代補助も考えている」(当時)と言っていた。

 他にも、横並び問題もあったのだろう。同じ市内で一部の小中学校だけが冷房だと、色々問題になる。小中学校の維持は市町村予算、教員は県予算である。学習環境として学校ごとの差があると、市町村議会で問題になる。同じように教員の労働環境として学校差があると、県で揉めるといった問題も起きかねない。

 それなら、全部の小中学校を完全に冷房すればいいのだが、昔はそれも通らなかった。予算上の問題はともかく、贅沢とか、我慢強さとかくだらない意見をいいだす人々がいた時代である。教育関係者や議会関係者にも、夏の暑さに耐える心とかくだらないことを言い出していたのだろう。

 しかし、冬の暖房はともかく、夏の冷房は生産性に直結する。冷房導入は東南アジアでの生産性向上に大きな影響を与えた。同じように、学習の公立や教員の生産効率を考えれば、もっと早期に冷房は入れてもよかっただろう。

 「市長公約『小中へのエアコン設置』、議会認めず」をみて、そう思ったよ。まあ、この記事を見る限りは、積算が適当だったりしたのだろうけどね。予算案の中身がわからないのでなんとも言えないが、建設設備職を通さず、各学校に積算させた額をただ纏めただけとかをやって、冷房能力あたりの単価が学校ごとにぜんぜん違うとか、そういった話ではないか。そうでもなければ2000万ごときで議会でハネられることもあるまいよ。



※ 「市長公約『小中へのエアコン設置』、議会認めず」『読売新聞』(読売新聞,2014.3.21)http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20140321-OYT1T00200.htm
スポンサーサイト

Comment

非公開コメント

No title

>夏の暑さに耐える心
昔どころか今でも所沢の市長が言ってます。
曰く「暑いからエアコンを単純に与えるのではなく、子どもに厳しい環境で努力してもらうことも必要」とのこと。
どう贔屓目に見ても自分も同じ目にあったからと嫁をいびる姑にしか見えないんですがね。

私なら冷房なんてケチケチした策をとらずに、北海道に学童疎開させますね。過疎対策にもなるし。
で、夏休みは廃止。

まあ、都会にいてもプールのあとはお昼寝。田舎に行ってもカブトムシ捕まえてトウキビ食ってお昼寝。

あまり生産性は変わらんですが。

日本人は自分たちが受けた苦しみは後輩たちも受けるべきと考えますからね
戦前から精神が大して変わってない

No title

郡山市 やっと学校へのエアコン設置へ!~安全・安心を求める市民運動の成果
http://www.labornetjp.org/news/2013/1214yumoto
「放射線防護のためのエアコン導入はNG」だが「猛暑という児童生徒の劣悪な教育環境を改善するためのエアコン導入はOK」と言う郡山市は、所沢市よりはマシなのでしょうか?(;^ω^)